アルファ日暮里駅前では日本語講師の経験のあるスタッフがおります。

今日はそのスタッフが担当している講座の中から、「敬語」「ら抜き言葉」について

皆さんにご紹介いしたいと思います。

「来れますか」・「来られますか」

皆さん、こんにちは。本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

皆さんは誰かにある要件が可能かどうかを尋ねる時、どのような言い回しで伝えていますか? 

本日は“ビジネスシーンでの言葉遣い”について少しお話します。

 

「朝9時に来れますか」

「朝9時に来られますか」

どちらかのみ使われる方,どちらも使われる方もいらっしゃるかもしれません。

正しくは「来られますか」です。

「来れますか」は「ら抜き言葉」で誤用表現とされています。

この「ら抜き言葉」は他にも「見れる」「食べれる」などが挙げられます。

普段の友人同士の会話等において使用してもそれほど問題はないでしょう。

ですがビジネスのシーンや企業の面接においてはやはり使うのは好ましくない言葉です。

 そして「来られますか」は「来ますか」の尊敬語にもなりますが、敬意が少し弱い敬語です。

改まった場や書き言葉では使わない方がいいでしょう。

「いらっしゃいますか」がより強い敬意を示し、ビジネスにおいて使うことが出来ます。

類語として「おいでになる」「お越しになる」があります。

様々な言い方も使えるようになると良いでしょう。

敬語は難しそう…と思われる方もポイントを押さえ、実際にロールプレイング等を

通してマスターすることが出来ます。

アルファ日暮里では、ビジネスマナー講座や職員講座等にて

このようなビジネススキルを学ぶ機会を設けています。

講座のみの見学・参加も可能ですので、ぜひ一度お越しくださいませ。

支援員 瀬川

お問合せはこちらをクリック↓

クリックすると電話が掛けられます↓

クリックするとメールフォームが開きます↓

クリックするとマップが開きます↓

\ flow /利用開始までの流れ

  1. お問い合わせ

    「ホームページをみた」「たまたま通りかかった」アルファを知っていただくきっかけは様々です。

    「どのような場所なのか?」「どのような訓練をしているのか?」「そもそも就労移行支援事業所ってどんなところ?」ぜひお問い合わせください。

    「自分が利用対象に入るか分からない」「とりあえず話だけ聞きたい」という問合せも大歓迎です。

  2. 見学

    「実際にどのような場所でどんな訓練をおこなっているのか?」「雰囲気を確かめたい」など、ぜひともアルファ日暮里駅前・アルファ王子のアットホームな雰囲気をご覧になっていただきたいです。

    スタッフが親切丁寧にご案内いたします。「不安だから、家族と一緒に見たい」という方も大歓迎です。

  3. 体験利用

    事業所の見学を経て、実際に通所し訓練を体験していただいております。

    体験利用の日程はみなさん様々ですが、数日間体験をし、実際に「この事業所は自分と合うか?」確認することができます。

  4. 手続き

    サービスを利用していただくには、お住まいの市区町村へ障害福祉サービス受給者証の申請を行う必要があります。

    役所の手続きなど不安のある方は、スタッフが同行することも可能ですので心配いりません。

  5. 利用開始

    アルファを利用されるみなさんには個別のプログラムがあります。

    一人ひとり相談しながら、一緒に今後の計画を立てていきます。就労に向けてどの様な訓練が必要なのか?あなただけのオリジナル訓練計画で、無理なく出来ることから始めましょう。

    スタッフが寄り添い、サポートします。