あなたは決して弱くない

『こんな悩み相談があった時、あなたならどう声をかけてあげるか?』

というワークの中で、ある方の回答がとても胸に刺さったので、紹介します。

<質問者の悩み>

『こうして欲しいという事すら言えなくて、胸の奥がキューっとなるような苦しい気持ちになります。

思っていることが言えるようになりたいです』

楽しい、こうしたい、嫌だ、やめて・・・自分の意見さえ言えません。 

~中略~ 学校や普段の生活で思っていることを言えなくて苦しいです。 

~中略~ 本当の気持ちは家族にも言えません。

私は両親を心配させたくないので表面上笑ってしまうのですが、

そのせいで両親を困らせ悲しませたこともあります。

自分の気持ちを言えなくて私自身とてもつらい気持ちになるので、

思っていることを言えるようになりたいです。強くなりたいです。

<Aさんの回答>

大切なことは自分の気持ちを大切にすること。

他人の思いや気持ちまで背負う必要は全くない。

あなたの心の中にできた「強くなりたい」という小さな火種を決して消してはならない。

変わりたいと思った時、あなたはもう変わっている。

昨日のあなたにはない「強さ」をもう手に入れている。

・失敗したっていい、失ってもいいんだ。

・どれだけなくしても未来だけは残ってるから。

・そこから学んでいけばいい。

・まずは親に言えるようになろう。

・最初は辛いかもしれない。

・でも、最後にはきっと受け止めてくれるよ。

 

自分自身、昔は人に打ち明けることが出来なくて苦しい思いをしていたというAさん。

変わりたいと思った時はすでに変わっている…もうすでに強くなっているんだよと、

とても温かい言葉で教えてくれました。

このブログを見ている方の中にも、質問者と同じような悩みを抱えている方がいるかもしれません。

だとしたらあなたはきっと、すでに幼虫からサナギへと変化し始めていて、

美しく飛び立つ準備をしています。

アルファで一緒に飛び立つ練習をしてみませんか?お待ちしております。

サービス管理責任者 長谷川

お問合せはこちらをクリック↓

クリックすると電話が掛けられます↓

クリックするとメールフォームが開きます↓

クリックするとマップが開きます↓

皆さんこんにちは。

突然ですが、皆さんは最近笑顔になることや笑う事をしていますか?

「コロナ過でなかなか笑う場面が減ってきてしまったな」なんて方も実は多いのではないかと思います。

でも、こんなコロナ禍だからこそ、実は「笑う」という行為はとても大切なんです。

 

笑いの効能

すでに多くのサイトなどで笑う事で得られる効能などが紹介されています。

具体的にお伝えすると、笑う事で善玉の神経ペプチドがたくさん作られます。

善玉神経ペプチドが、NK細胞と呼ばれる細胞に付着します。

ちなみにNK細胞のNKとはナチュラルキラーの略です。

人間の身体は若い健康体の方でも一日に3000個~5000個ものがん細胞が発生するのだそうです。

そのがん細胞や体内に侵入してくるウイルスなどを退治してくれるのがNK細胞なんです。

笑う事によって作られた善玉神経ペプチドがNK細胞に付着することで、細胞の動きを活発にします。

この仕組みこそが、笑う事が身体によい効能を与えることに繋がるそうなんです。(※)

コロナ禍の今だからこそ

前述の通り、笑いが身体にもたらす効能はとても重要です。

そしてコロナ禍の今だからこそ、笑う事の重要性が増しているのだと思います。

身体に侵入するウイルスと戦ってくれるNK細胞を元気にするには善玉神経ペプチドが大切。

つまり笑う事は免疫力を高めてくれるのです。

ウイルス性の病気に打ち克つには免疫力アップは必須…だからこそ笑いが大切なんです。

アルファの笑活

先日、笑活として利用者の皆さんから、楽しい動画を募って

みんなで鑑賞しながら笑おうというイベントを行いました。

楽しい動画の数々を見てみんなで笑い合うとともに、利用者さん同士の相互理解も出来ました。

そして、楽しい動画を探そうと検索力を駆使して、イベントを盛り上げて下さった方もいて

とても有意義な時間になりました。

アルファ日暮里駅前では、単に訓練というだけでなく

みんなで楽しみながら就労したあとに役立つ知識や技などを体得して頂けるような

イベントやプログラムをたくさんご用意しております。

ぜひ、皆さんもまずはお気軽にイベントからでもご体験頂ければと思います。

施設長 鈴木

 

※笑う事の効能を詳しく知りたい方は…

サワイ製薬様のサイトで詳しく説明されておりますので気になる方はぜひお読みになってみて下さい。

https://kenko.sawai.co.jp/healthy/200908.html

お問合せはこちらをクリック↓

クリックすると電話が掛けられます↓

クリックするとメールフォームが開きます↓

クリックするとマップが開きます↓

 

 

皆さんは人とお話しするのは得意ですか?

 

障がい特性の有る無しに関わらず、苦手という方もとても多いのではないかと思います。

実際、アルファ日暮里駅前にお越しいただいている利用者さんの多くが

・初対面の人と話すと緊張してしまう

・人と話すのは苦手

・何を話していいか分からない

などといったお悩みをお持ちになっています。

 

今、アルファ日暮里駅前では就活を強化して行っている利用者さんも多数おります。

当然面接や実習といった場面に出られることが多いのですが、

それは今まで関わってこなかった初対面の方と話す機会ともいえます。

そんな中を、アルファでの訓練を活かして多くの場面で一歩一歩成長され、

就労への道を着実に歩まれています。

今日はなぜそれが出来るようになったのかについて少しお話いたします。

 

〇アルファで行っているコミュニケーショントレーニング

アルファでは最初から無理にコミュニケーショントレーニングを皆さんにやって頂いている訳ではありません。

人は誰しも、自分の好きな事や興味のある事であれば少なからず話をすることは

苦では無い方がほとんどではないかなと思います。

その興味のあることを、まずはスタッフと話をしたり、あるいは少人数の利用者さんで

出来る限り自然な状態で話が出来るような環境を作っています。

いわゆる「雑談」の環境です。

グループワーク・講座・イベントなどを通じてその機会が増えていきますが

無理なくペースを見極めながら進めていくことが出来ます。

結果として「人と話すのは苦手」「初対面の方と話すのは無理」という方でも

いつの間にかコミュニケーションスキルが自然に上がって行き

就活にしっかりと役立てることが出来る様になります。

〇「でも、私にできるのか不安?」

と考えてしまう方もおられるでしょう。

安心して頂きたいのは、ほぼ全ての利用者さんがこの方法で

コミュニケーションスキルを着実に上げている点です。

前述したグループワークや講座などのテーマは多種に渡り

皆さんに話していただけるようなテーマで内容を展開しています。

各種イベントでは、楽しいからこそ会話をしたくなる内容のイベントを

利用者の皆さんと一緒に作っています。

だからこそ多くの利用者さんの就活や就労後の社内コミュニケーションに役立っているのです。

もし「コミュニケーションが嫌・苦手」とお悩みの皆さん、

一度アルファ日暮里駅前で、イベントやグループワーク・講座など体験してみませんか?

 

アルファでは体験や見学を随時受け付けています。

まずは見学や体験でそれを確かめてみて下さい。

施設長 鈴木

お問合せはこちらをクリック↓

クリックすると電話が掛けられます↓

クリックするとメールフォームが開きます↓

クリックするとマップが開きます↓

 

\ flow /利用開始までの流れ

  1. お問い合わせ

    「ホームページをみた」「たまたま通りかかった」アルファを知っていただくきっかけは様々です。

    「どのような場所なのか?」「どのような訓練をしているのか?」「そもそも就労移行支援事業所ってどんなところ?」ぜひお問い合わせください。

    「自分が利用対象に入るか分からない」「とりあえず話だけ聞きたい」という問合せも大歓迎です。

  2. 見学

    「実際にどのような場所でどんな訓練をおこなっているのか?」「雰囲気を確かめたい」など、ぜひともアルファ日暮里駅前・アルファ王子のアットホームな雰囲気をご覧になっていただきたいです。

    スタッフが親切丁寧にご案内いたします。「不安だから、家族と一緒に見たい」という方も大歓迎です。

  3. 体験利用

    事業所の見学を経て、実際に通所し訓練を体験していただいております。

    体験利用の日程はみなさん様々ですが、数日間体験をし、実際に「この事業所は自分と合うか?」確認することができます。

  4. 手続き

    サービスを利用していただくには、お住まいの市区町村へ障害福祉サービス受給者証の申請を行う必要があります。

    役所の手続きなど不安のある方は、スタッフが同行することも可能ですので心配いりません。

  5. 利用開始

    アルファを利用されるみなさんには個別のプログラムがあります。

    一人ひとり相談しながら、一緒に今後の計画を立てていきます。就労に向けてどの様な訓練が必要なのか?あなただけのオリジナル訓練計画で、無理なく出来ることから始めましょう。

    スタッフが寄り添い、サポートします。