こんにちは!アルファ日暮里駅前です。

今回のビジネス講座は

「接遇と所作」についてでした。

 

面接の場面や就職先で役立つ所作などを改めて振り返りました。

ちょっとした所作で、印象が+になります!

 

【名刺の受け取り方】

面接や見学で企業を訪問した際に担当者から突然名刺を差し出される事があります。

そんな時に慌てないように、実際にロールプレイを交えながら、どんな風に受け取ったら好印象かを学びました!

緊張のあまり座ったまま受け取ってしまうなんて事もあります・・・。

これでは残念な印象になってしまいます。

名刺を差し出されたら、まずはすっと立ち上がり、相手の目を見て両手で丁寧に受け取りましょう。

そして、せっかく受け取った名刺は、机の上に忘れてしまったり、床に落として帰らないようにご注意を!

 

 

【エレベーターや応接での上座・下座】

案外わかっているようで戸惑う事・・・上座・下座問題!

最近の応接や会議室は多種多様。

いざ部屋に通された時に、いったいどこに座るべきかと困ってしまう事ってありませんか?

面接の時に、このような場面に出くわす事もおおいに考えられます。

改めて、色々なパターンを勉強しました。

そして、エレベーターでの接遇・所作も、ロールプレイで確認しました。

 

【お茶の出し方】

最近では、来客にペットボトルを出す企業も増えてきましたが、まだまだ、お客様にお茶を出すという企業は多いと思います。

今回は、冷たいお茶を出す時はどうするか?という事で、本物の麦茶とトレーを使ってロールプレイを行いました。

「お客様が机の上に資料を広げている場合は、お茶はどこに置くべき?」

参加して下さった方からこのような質問も出ました。一言「お茶出し」と言っても様々なケースが考えられます。

スマートにお茶をお出しできるような所作を身に着けたいですね!

 

余談ですが、アルファ日暮里駅前では訓練の一環として、実際にお客様がいらっしゃった際に利用者さんにお茶を出して頂く事もあります!

 

【お客様へのご案内】

接客でも事務でも、お客様がいらっしゃった時には笑顔で挨拶をする事が大切ですね。

では、バックヤードや商品陳列のお仕事の場合はどうでしょう?

「接客じゃないから、挨拶なんてする必要ないよ」と思いますか?

直接お客様と接する事がメインのお仕事ではなくても、店舗の中でお客様と顔を合わせたら、挨拶は絶対に必要です!

なぜならば、お客様から見たら、品出しをしている方もレジの方も掃除をしている方も、

「皆さんそのお店で働いている人=店員」だからです。

爽やかな挨拶と丁寧なご案内で、お客様はとても嬉しい気持ちになると思います。

 

**************************************************************************************************************

このような所作を学ぶ事で、少しでも素敵な印象を与えられるように、普段から気を付けていきたいものですね!

今後も、就職活動中も就職してからも役に立つビジネス講座を行っていきます。

 

\ flow /利用開始までの流れ

  1. お問い合わせ

    「ホームページをみた」「たまたま通りかかった」アルファを知っていただくきっかけは様々です。

    「どのような場所なのか?」「どのような訓練をしているのか?」「そもそも就労移行支援事業所ってどんなところ?」ぜひお問い合わせください。

    「自分が利用対象に入るか分からない」「とりあえず話だけ聞きたい」という問合せも大歓迎です。

  2. 見学

    「実際にどのような場所でどんな訓練をおこなっているのか?」「雰囲気を確かめたい」など、ぜひともアルファ日暮里駅前・アルファ王子のアットホームな雰囲気をご覧になっていただきたいです。

    スタッフが親切丁寧にご案内いたします。「不安だから、家族と一緒に見たい」という方も大歓迎です。

  3. 体験利用

    事業所の見学を経て、実際に通所し訓練を体験していただいております。

    体験利用の日程はみなさん様々ですが、数日間体験をし、実際に「この事業所は自分と合うか?」確認することができます。

  4. 手続き

    サービスを利用していただくには、お住まいの市区町村へ障害福祉サービス受給者証の申請を行う必要があります。

    役所の手続きなど不安のある方は、スタッフが同行することも可能ですので心配いりません。

  5. 利用開始

    アルファを利用されるみなさんには個別のプログラムがあります。

    一人ひとり相談しながら、一緒に今後の計画を立てていきます。就労に向けてどの様な訓練が必要なのか?あなただけのオリジナル訓練計画で、無理なく出来ることから始めましょう。

    スタッフが寄り添い、サポートします。