\ blog /アルファからの
ご案内・お知らせ

就労移行に通う意味 ① 一人で行う就活と就労移行に通うことの違い

一人で行う就職活動と就労移行に通うことの違いについてお話しします。

 今、おひとりで就職活動を行おうとした場合に、いったい何から始めますか?

・求人情報の検索

・求人検索を行うための機関(ハローワークなど)、エージェントなどへの登録

・履歴書や職務経歴書の作成

などなど、こんなところが思いつくのではないでしょうか?

では次に、ご自身が希望している職種や雇用条件を満たす会社が見つかったとして、応募する際に不安はないでしょうか。

不安や見落とし、準備不足はありませんか?

求人検索から応募書類の送付、面接に至るまで一つひとつ見ていきましょう。

・応募書類(履歴書・職務経歴書など)の作成は大丈夫でしょうか?

・ご自身のこれまでの経歴は棚卸が出来ていますか?

・面接時の受け答えで不安はありませんか?

・面接時の服装や身だしなみは自分だけの視点で「大丈夫」と思い込んでいませんか?

・そもそもその求人、雇用条件に見落としや認識違いはありませんか?働き始めてから「こんなはずじゃなかった!」ということになりませんか?

・就労をするための体力や生活習慣は備わっていますか?

・障がいによる苦手分野など、配慮してもらいたいことをしっかりと伝えられますか?

・職場での人間関係に不安はありませんか?

・「自分は大丈夫」という自分本位の自信を持っていないですか?

ご自身だけでは、気付くまでに時間のかかること

例えば、面接時の服装や身だしなみについて面接官に違和感を抱かせるようなポイントがあったとします(清潔感に欠けるものがあった。服装が乱れていたなど)。仮にこれらのポイントが理由で面接に受からなかったとしても、その理由は告げられません。ご自身がその部分に気付かないまま、また次の面接でも同じ理由で不採用となってしまう。ということになり兼ねないのです。これは応募書類の作成や求人検索を行う過程でも同じことが言えます。

スタッフとともに見出していくあなたの素晴らしい可能性

就労に行きつくまでの過程では様々な不安もあることでしょう。アルファは個別訓練を主体としていますのでスタッフと二人三脚でこれらの不安を一つずつ解消していけます。加えてご自身では気付かなかったこと、見落としてしまっていたことを客観的な視点で冷静にアドバイスをしてくれるのもスタッフの役目です。また、ご自身では気付かなかった素晴らしい長所や可能性を見出してくれるのもスタッフの大きな役目です。

何よりも、目指すのは「長くやりがいを持って働き続ける」ことではないでしょうか?「就職すること」を最終目標とするのではなく、われわれアルファのスタッフは「安心して永く働き続ける」ためのサポートをさせていただきます。

アルファ 花輪


 

同じ事業所の記事

関連する記事

\ flow /利用開始までの流れ

  1. お問い合わせ

    「ホームページをみた」「たまたま通りかかった」アルファを知っていただくきっかけは様々です。

    「どのような場所なのか?」「どのような訓練をしているのか?」「そもそも就労移行支援事業所ってどんなところ?」ぜひお問い合わせください。

    「自分が利用対象に入るか分からない」「とりあえず話だけ聞きたい」という問合せも大歓迎です。

  2. 見学

    「実際にどのような場所でどんな訓練をおこなっているのか?」「雰囲気を確かめたい」など、ぜひともアルファ日暮里駅前・アルファ王子のアットホームな雰囲気をご覧になっていただきたいです。

    スタッフが親切丁寧にご案内いたします。「不安だから、家族と一緒に見たい」という方も大歓迎です。

  3. 体験利用

    事業所の見学を経て、実際に通所し訓練を体験していただいております。

    体験利用の日程はみなさん様々ですが、数日間体験をし、実際に「この事業所は自分と合うか?」確認することができます。

  4. 手続き

    サービスを利用していただくには、お住まいの市区町村へ障害福祉サービス受給者証の申請を行う必要があります。

    役所の手続きなど不安のある方は、スタッフが同行することも可能ですので心配いりません。

  5. 利用開始

    アルファを利用されるみなさんには個別のプログラムがあります。

    一人ひとり相談しながら、一緒に今後の計画を立てていきます。就労に向けてどの様な訓練が必要なのか?あなただけのオリジナル訓練計画で、無理なく出来ることから始めましょう。

    スタッフが寄り添い、サポートします。