\ blog /アルファからの
ご案内・お知らせ

就労移行に通う意味 ② 就労するための土台作り

就労するための土台作り、「どのくらいの頻度で通えばいいか」といったテーマから「就労移行支援事業所に通う意味」を考えてみたいと思います。

「週にどのくらい通えばいいでしょうか?」

アルファに見学でいらっしゃった方やお問い合わせ頂いた方からよく「週にどのくらいの日数で通えばいいでしょうか?」といった質問や「どのくらい通えば就労出来ますか?」といった質問を受けることがあります。利用されている皆さんの経歴や生活習慣、環境などはそれぞれ異なります。「既に生活習慣が確立されていて体調も安定されている方」と、それらを「これから整えていくという方」では就労に向けたスパンは異なります。生活習慣や体調といったものは明日になって急に整うものではなく、長い時間を掛けて慣らしていくものだからです。

通所の頻度について

通所の頻度についてですが、生活リズムが整っていない方が突然週に5日通う事は難しいでしょう。また、体調や生活リズムが整っているからといって、いきなり週に5日通うということも、せっかく整っている生活リズムを急激な環境の変化によって崩しかねないのであまりお勧めはしません。最初は無理のない少ない日数から通い、少しずつリズムを作っていきましょう。「週2~3日から」というスタートでももちろん構いませんが、そこには段階的な成長を見据えているか(最終的には週に5日通うことを目指す)が大きなポイントとなります。

アルファに通って成長したことは?

「末永く働く」という事は決して仕事の実務スキルや保有資格の数で成せるものではありません。「生活や体調の安定」という土台がしっかりしていることに他ならないからです。大切な事は何か、それは「就労移行支援事業所に通い、限られた期間の中でどのくらいあなたが成長できたか」という事です。就労移行支援事業所に通い始めた頃は週に1~2日行くのがやっとだったという方が3ヶ月過ぎた頃には週3~4日通えるようになり、6ヶ月後には週4~5日、元気に通える様になった。企業の採用面接に同行すると必ず受ける質問の中に「就労移行支援事業所に通って成長したと感じる事は何ですか?」というものがあります。ぜひともこのアルファをあなたの成長の場にしていただきたいのです。

アルファ 花輪


同じ事業所の記事

関連する記事

\ flow /利用開始までの流れ

  1. お問い合わせ

    「ホームページをみた」「たまたま通りかかった」アルファを知っていただくきっかけは様々です。

    「どのような場所なのか?」「どのような訓練をしているのか?」「そもそも就労移行支援事業所ってどんなところ?」ぜひお問い合わせください。

    「自分が利用対象に入るか分からない」「とりあえず話だけ聞きたい」という問合せも大歓迎です。

  2. 見学

    「実際にどのような場所でどんな訓練をおこなっているのか?」「雰囲気を確かめたい」など、ぜひともアルファ日暮里駅前・アルファ王子のアットホームな雰囲気をご覧になっていただきたいです。

    スタッフが親切丁寧にご案内いたします。「不安だから、家族と一緒に見たい」という方も大歓迎です。

  3. 体験利用

    事業所の見学を経て、実際に通所し訓練を体験していただいております。

    体験利用の日程はみなさん様々ですが、数日間体験をし、実際に「この事業所は自分と合うか?」確認することができます。

  4. 手続き

    サービスを利用していただくには、お住まいの市区町村へ障害福祉サービス受給者証の申請を行う必要があります。

    役所の手続きなど不安のある方は、スタッフが同行することも可能ですので心配いりません。

  5. 利用開始

    アルファを利用されるみなさんには個別のプログラムがあります。

    一人ひとり相談しながら、一緒に今後の計画を立てていきます。就労に向けてどの様な訓練が必要なのか?あなただけのオリジナル訓練計画で、無理なく出来ることから始めましょう。

    スタッフが寄り添い、サポートします。